藤田が使った英語の参考書

これから英語を勉強すると言った方に、藤田が使った英語のオススメ参考書をご紹介します。今見てみたら21年前の本なんですね。

いちおうTOEICの参考書です。『TOEICTEST文法完全攻略 石井辰哉』

目安としては、TOEIC400点から600点越えを目指している方むけですね。

余談ですが、800点を超えたら、”参考書で勉強”はしないほうがいいですよね。

英語の洋書を読んで、映画なり動画コンテンツなりを見て普通に日常レベルで英語が読み聞きしてれば900点になるはずです。

どんな感じの内容?

僕の考え方は、第一にリスニング、大量に集中して聞く!ってことなんですけど

でも、やっぱりたまには、どうしてこういう言い方をするのか?って理屈から説明を読んでみたくなるんですよね。

内容的には、助動詞、前置詞などとひとつずつ、カテゴリごとに分けて説明されていますので、僕は使ってた当時ポストイットでカテゴリに付箋を貼って索引をつくりました。

TOEICの公式問題集などで問題をやって、「ぼくはどうも冠詞が弱い、いつも間違えてしまう」と弱点が見つかったとしたら

そしたら、『冠詞の索引をめくり、そこを一通り読む』といった使い方に向いてますね。ひとつのカテゴリ自体のボリュームは少ないので、すぐに読み終えられるはずです。

その上で、もう一度、問題集を解くと、正答率が、かなりアップするはずですよ。

『TOEICTEST文法完全攻略 石井辰哉』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする