SARS、MERS、COVID-19の正式名称

こんにちは、藤田です。

最近はやってるコロナウイルス英単語のことを考えてみました。

このたび、はやっている新型コロナウイルスって以前、流行したSARSとMERSとも、ほぼ同じものなんですね。

むかし、サーズが流行ったときは、SARSってなんの事でなんの略なのか?全然興味ももたなかったし

MERSに関しては、正直流行ってることもそんなに印象にないですよね。

それぞれの単語の、正式名称は 以下です。

SARS
severe acute respiratory syndrome (Coronavirus)
シビアな 急性の 呼吸器 の症状 

MERS
Middle East Respiratory Syndrome (Coronavirus)
中   東 の呼吸器 の症状
 
でした。

今、さわがれるようになったけど、実は2003年から当時から症状の正式名称には、コロナウイルスってついてたんですね!

2020年のこんにち流行っているもの今回は、COVID-19って正式名称になったけど

COrona VIrus Disease 2019
コロナウイルス 2019年

の略です。

なんだか、そのまますぎる名称ですね。

2019年に、人間界に入ってきてたのかもしれませんが大流行してるのが、2020年だから、19ってのもピンと来ませんよね?

あと、よく聞くPCR検査は、なんの 略かと、ぐぐったら

Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)

※ポリメラーゼとはDNA 鎖を合成する酵素の総称でした。

あと、名前が似ているけど、全然ちがう

心臓マッサージの英語略称のCPR は

CardioPulmonary Resuscitation
心(臓)  肺      蘇生法

カーディオ プルモナリー リサセテーション

の略称です。

いろいろ興味が出てきて、ググってしまったのでせっかくなので、お伝えいたしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする