ラリー・ペイジスピーチ。演説。全文英語[1]

Larry Page's University of Michigan commencement address

May 2, 2009
Full transcript:
Class of 2009! First I’d like you to get up, wave and cheer your supportive family and friends! Show your love!
全文書き起こし
2009年卒の皆さん! まず、立ち上がって、手を振って、応援してくれる家族や友だちに声援を送ってほしい! 愛情を示してください

It is a great honor for me to be here today.
今日、この場に居合わせることができ、大変光栄に思います。

Now wait a second. I know: that’s such a cliché. You’re thinking: every graduation speaker says that – It’s a great honor. But, in my case, it really is so deeply true – being here is more special and more personal for me than most of you know. I’d like to tell you why.

ちょっと待ってください。ありきたりな言葉ですね。卒業式のスピーチをする人は皆、「大変光栄です」と言うものです。しかし、私の場合、本当にそのとおりで、ここにいることは、皆さんが思っている以上に特別で、個人的なことなのです。その理由をお話ししたいと思います。

A long time ago, in the cold September of 1962, there was a Steven’s co-op at this very university. That co-op had a kitchen with a ceiling that had been cleaned by student volunteers every decade or so. Picture a college girl named Gloria, climbing up high on a ladder, struggling to clean that filthy ceiling. Standing on the floor, a young boarder named Carl was admiring the view. And that’s how they met. They were my parents, so I suppose you could say I’m a direct result of that kitchen chemistry experiment, right here at Michigan. My Mom is here with us today, and we should probably go find the spot and put a plaque up on the ceiling that says: “Thanks Mom and Dad!”

昔、1962年の寒い9月に、まさにこの大学にスティーブンの生協がありました。その生協には天井のあるキッチンがあり、10年に一度くらいは学生ボランティアによって掃除されていた。グロリアという女子大生が、はしごで高いところに登って、その汚れた天井を必死で掃除している姿を思い浮かべてください。床に立って、カールという若い寮生がその景色に見とれていた。それが二人の出会いだった。私は、このミシガンでの台所での化学実験から生まれたと言えるでしょう。今日、母がここにいますが、その場所を探して、天井に “パパとママありがとう!”と書いた額を飾らないといけないかもしれませんね。

Everyone in my family went to school here at Michigan: me, my brother, my Mom and Dad – all of us. My Dad actually got the quantity discount: all three and a half of his degrees are from here. His Ph.D. was in Communication Science because they thought Computers were just a passing fad. He earned it 44 years ago. He and Mom made a big sacrifice for that. They argued at times over pennies, while raising my newborn brother. Mom typed my Dad’s dissertation by hand. This velvet hood I’m wearing, this was my Dad’s. And this diploma, just like the one you’re are about to get, that was my Dad’s. And my underwear, that was… oh never mind.

私の家族は皆、このミシガン大学の学生でした。私、私の兄、私の母と父、皆です。父は、学位3つ半すべてがミシガン大学出身です。博士号はコミュニケーション・サイエンスで、コンピュータは一時の流行に過ぎないと考えられていたからです。44年前に取得したものです。彼とお母さんは、そのために大きな犠牲を払った。生まれたばかりの弟を育てながら、小銭のことで言い争いになったこともあった。母さんは父さんの論文を手書きで打った。私がかぶっているベルベットのフード、これはパパのものです。そして、この卒業証書は、あなたがこれからもらうのと同じで、パパのものです。そしてこの下着は……ああ、忘れてください。

My father’s father worked in the Chevy plant in Flint, Michigan. He was an assembly line worker. He drove his two children here to Ann Arbor, and told them: That is where you’re going to go to college. Both his kids did graduate from Michigan. That was the American dream. His daughter, Beverly, is with us today. My Grandpa used to carry an “Alley Oop” hammer – a heavy iron pipe with a hunk of lead melted on the end. The workers made them during the sit-down strikes to protect themselves. When I was growing up, we used that hammer whenever we needed to pound a stake or something into the ground. It is wonderful that most people don’t need to carry a heavy blunt object for protection anymore. But just in case, I have it here.

父の父はミシガン州フリントのシボレー工場で働いていました。組み立てライン作業員だった 彼は二人の子供をアナーバーに連れてきて言ったんだ そこで大学に行くんだ」と。二人の子供はミシガン大学を卒業した。それがアメリカンドリームだった。彼の娘のビバリーは、今日、私たちと一緒にいる。祖父はよく “Alley Oop “ハンマーを持っていた。重い鉄パイプの先に溶けた鉛の塊がついたものだ。労働者たちが座り込みストの際に、身を守るために作ったものです。私が子供の頃、杭や何かを地面に打ち付けるときは、いつもそのハンマーを使っていました。ほとんどの人が身を守るために重い鈍器を持っている必要がなくなったのは素晴らしいことです。でも、念のため、ここに持っています。

My Dad became a professor at uh… Michigan State, and I was an incredibly lucky boy. A professor’s life is pretty flexible, and he was able to spend oodles of time raising me. Could there be a better upbringing than university brat?

父はミシガン州立大学の教授になったんですが、私は信じられないほど幸運な少年でした。教授の生活はかなり柔軟で、私を育てるのにかなりの時間を費やすことができました。大学より良い教育があるのか?

What I’m trying to tell you is that this is WAY more than just a homecoming for me. It’s not easy for me to express how proud I am to be here, with my Mom, my brother and my wife Lucy, and with all of you, at this amazing institution that is responsible for my very existence. I am thrilled for all of you, and I’m thrilled for your families and friends, as all of us join the great, big Michigan family I feel I’ve been a part of all of my life.

私が言いたいのは、これは私にとって単なる帰郷以上のものだということです。母や兄、妻のルーシーと一緒に、そして皆さんと一緒に、私の存在を支えてくれているこの素晴らしい大学に来れたことを、どれだけ誇りに思っているかを表現するのは簡単ではありません。私は、皆さんが、そして皆さんの家族や友人が、私の人生の一部であると感じているミシガンの大家族の一員となることに感激しています。

What I’m also trying to tell you is that I know exactly what it feels like to be sitting in your seat, listening to some old gasbag give a long-winded commencement speech. Don’t worry. I’ll be brief.
私が言いたいのは、あなたの席に座って、どこかの老いぼれの長ったらしい卒業式のスピーチを聞く気持ちが、私にはよくわかるということです。心配しないでください。手短に話します。

I have a story about following dreams. Or maybe more accurately, it’s a story about finding a path to make those dreams real.
夢を追いかける話です。いや、もっと正確に言うと、夢を実現するための道を探す話だ。

You know what it’s like to wake up in the middle of the night with a vivid dream? And you know how, if you don’t have a pencil and pad by the bed to write it down, it will be completely gone the next morning?
夜中に目を覚ますと 鮮明な夢を見るだろ?そして、それを書き留めるためにベッドのそばに鉛筆とパッドを置いておかないと、翌朝には完全に消えてしまっているようなものですよね?

Well, I had one of those dreams when I was 23. When I suddenly woke up, I was thinking: what if we could download the whole web, and just keep the links and… I grabbed a pen and started writing! Sometimes it is important to wake up and stop dreaming. I spent the middle of that night scribbling out the details and convincing myself it would work. Soon after, I told my advisor, Terry Winograd, it would take a couple of weeks to download the web – he nodded knowingly, fully aware it would take much longer but wise enough to not tell me. The optimism of youth is often underrated! Amazingly, I had no thought of building a search engine. The idea wasn’t even on the radar. But, much later we happened upon a better way of ranking webpages to make a really great search engine, and Google was born. When a really great dream shows up, grab it!
私は23歳のときに、そんな夢を見たことがあります。ふと目が覚めたとき、「もしウェブ全体をダウンロードして、リンクだけを残すことができたら…」と考え、ペンを持って書き始めたのです 時には、目を覚まして夢を見るのをやめることが大切です。その日の夜中、私は詳細を書き出し、うまくいくだろうと自分に言い聞かせました。指導教官のテリー・ウィノグラッドに、「ウェブのダウンロードには2週間ほどかかる」と伝えたところ、彼は、もっと時間がかかることを十分承知で、賢明にも私に黙ってうなずいてくれました。若者の楽観主義というのは、往々にして過小評価されるものなのです。驚いたことに、私はサーチエンジンを作ろうとは思っていなかった。その考えは、レーダーにもなかった。しかし、ずっと後になって、本当に素晴らしい検索エンジンを作るために、ウェブページをランキングする優れた方法を偶然発見し、グーグルが誕生したのです。本当に素晴らしい夢が現れたら、それをつかめ

When I was here at Michigan, I had actually been taught how to make dreams real! I know it sounds funny, but that is what I learned in a summer camp converted into a training program called Leadershape. Their slogan is to have a “healthy disregard for the impossible”. That program encouraged me to pursue a crazy idea at the time: I wanted to build a personal rapid transit system on campus to replace the buses. It was a futuristic way of solving our transportation problem. I still think a lot about transportation – you never loose a dream, it just incubates as a hobby. Many things that people labor hard to do now, like cooking, cleaning, and driving will require much less human time in the future. That is, if we “have a healthy disregard for the impossible” and actually build new solutions.

ミシガン大学では、夢を実現する方法を教わりました。おかしな話ですが、これは、サマーキャンプを改造したリーダーズシェイプという研修プログラムで学んだことなのです。彼らのスローガンは、「不可能を健全に無視する」ことです。このプログラムに励まされ、私は当時、とんでもないアイデアを追求するようになりました。私は、バスに代わる個人用高速輸送システムをキャンパス内に作りたかったのです。それは、交通問題を解決する未来的な方法でした。今でも、交通機関についてはいろいろと考えています。夢は決して捨て去ることはなく、趣味として孵化していくものです。料理や掃除、車の運転など、今人々が苦労してやっている多くのことが、将来はもっと人間の時間を必要としないものになるはずです。それは、私たちが「不可能を健全に無視する」ことで、実際に新しい解決策を構築すればの話です。

I think it is often easier to make progress on mega-ambitious dreams. I know that sounds completely nuts. But, since no one else is crazy enough to do it, you have little competition. There are so few people this crazy that I feel like I know them all by first name. They all travel as if they are pack dogs and stick to each other like glue. The best people want to work the big challenges. That is what happened with Google. Our mission is to organize the world’s information and make it universally accessible and useful. How can that not get you excited? But we almost didn’t start Google because my co-founder Sergey and I were too worried about dropping out of our Ph.D. program. You are probably on the right track if you feel like a sidewalk worm during a rainstorm! That is about how we felt after we maxed out three credit cards buying hard disks off the back of a truck. That was the first hardware for Google. Parents and friends: more credit cards always help. What is the one sentence summary of how you change the world? Always work hard on something uncomfortably exciting!

私は、メガアンビシャスな夢の方が進みやすいことが多いと思うのです。まったくおかしな話だとは思う。でも、それをやるほどクレイジーな人は他にいないから、競争相手が少ない。こんなクレイジーな人はほとんどいないので、私は全員をファーストネームで知っているような気がします。彼らは皆、まるで群れ犬のように旅をし、接着剤のように互いにくっつき合っています。優秀な人材は、大きなチャレンジに取り組みたがるものです。それがGoogleで起こったことです。私たちの使命は、世界中の情報を整理し、普遍的にアクセス可能で有用なものにすることです。これだけでワクワクしないわけがありません。でも、共同創業者のセルゲイと私は、博士課程を中退することを心配しすぎて、ほとんどグーグルを立ち上げられませんでした。もし、あなたが暴風雨の中の歩道の虫のように感じたら、おそらく正しい道を歩んでいるのでしょう。トラックの荷台からハードディスクを買って、3枚のクレジットカードを使い切ったとき、私たちはそんな気持ちになりました。それがGoogleの最初のハードウェアでした。両親や友人たち:クレジットカードの枚数を増やすと、必ず役に立ちます。あなたが世界を変える方法を一言で言うと?常に、気が遠くなるほどエキサイティングなことに一生懸命になることです。

As a Ph.D. student, I actually had three projects I wanted to work on. Thank goodness my advisor said, “why don’t you work on the web for a while”. He gave me some seriously good advice because the web was really growing with people and activity, even in 1995! Technology and especially the internet can really help you be lazy. Lazy? What I mean is a group of three people can write software that millions can use and enjoy. Can three people answer the phone a million times a day? Find the leverage in the world, so you can be more lazy!

博士課程に在籍していたとき、実は3つのプロジェクトに取り組みたかったんです。ありがたいことに、指導教官は「しばらくはウェブで仕事をしたらどうだ」と言ってくれました。というのも、1995年当時でさえ、ウェブは人々や活動で本当に成長していたのです! 技術、特にインターネットは、本当に助けになります。テクノロジー、特にインターネットは、あなたが怠惰になるのを助けてくれます。怠け者? つまり、3人のグループで、何百万人が使って楽しめるようなソフトウェアを書くことができるということです。3人の人間が1日に100万回も電話に出ることができますか?世界のレバレッジを見つけよう!そうすれば、もっと怠けることができる。

Overall, I know it seems like the world is crumbling out there, but it is actually a great time in your life to get a little crazy, follow your curiosity, and be ambitious about it. Don’t give up on your dreams. The world needs you all!
全体として、外では世界が崩壊しているように見えますが、実は人生の中で、少しクレイジーになり、好奇心に従って、野心を持つには絶好の時期なのです。夢をあきらめないでください。世界はあなた方を必要としています

So here’s my final story:
では、最後に私の話をします。

On a day like today, you might feel exhilarated — like you’ve just been shot out of a cannon at the circus – and even invincible. Don’t ever forget that incredible feeling. But also: always remember that the moments we have with friends and family, the chances we have to do things that might make a big difference in the world, or even to make a small difference to someone you love — all those wonderful chances that life gives us, life also takes away. It can happen fast, and a whole lot sooner than you think.
今日のような日は、サーカスの大砲から発射されたような爽快感、そして無敵感を感じるかもしれません。この感覚を忘れないでください。でも、友達や家族と過ごす時間、世界を大きく変えるようなことをするチャンス、愛する人に小さな変化をもたらすチャンスなど、人生が与えてくれる素晴らしいチャンスは、人生が奪ってしまうこともあるということも、いつも心に留めておいてほしいのです。それは、思っているよりもずっと早く起こることなのです。

In late March 1996, soon after I had moved to Stanford for grad school, my Dad had difficultly breathing and drove to the hospital. Two months later, he died. And that was it. I was completely devastated. Many years later, after a startup, after falling in love, and after so many of life’s adventures, I found myself thinking about my Dad. Lucy and I were far away in a steaming hot village walking through narrow streets. There were wonderful friendly people everywhere, but it was a desperately poor place – people used the bathroom inside and it flowed out into the open gutter and straight into the river. We touched a boy with a limp leg, the result of paralysis from polio. Lucy and I were in rural India – one of the few places where Polio still exists. Polio is transmitted fecal to oral, usually through filthy water. Well, my Dad had Polio. He went on a trip to Tennessee in the first grade and caught it. He was hospitalized for two months and had to be transported by military DC-3 back home – his first flight. My Dad wrote, “Then, I had to stay in bed for over a year, before I started back to school”. That is actually a quote from his fifth grade autobiography. My Dad had difficulty breathing his whole life, and the complications of Polio are what took him from us too soon. He would have been very upset that Polio still persists even though we have a vaccine. He would have been equally upset that back in India we had polio virus on our shoes from walking through the contaminated gutters that spread the disease. We were spreading the virus with every footstep, right under beautiful kids playing everywhere. The world is on the verge of eliminating polio, with 328 people infected so far this year. Let’s get it done soon. Perhaps one of you will do that.
1996年3月下旬、私が大学院進学のためにスタンフォード大学に移って間もなく、父は呼吸困難に陥り、車で病院に運ばれた。2ヵ月後、父は亡くなりました。それでおしまい。私は完全に打ちのめされました。それから何年も経って、起業した後、恋をした後、そして人生の多くの冒険をした後、私は父のことを思い出していました。ルーシーと私は、遠く離れた蒸し暑い村で、狭い路地を歩いていました。素晴らしいフレンドリーな人々がいたるところにいましたが、そこは絶望的に貧しい場所でした。人々は室内でトイレを使い、それが開いた側溝に流れ出し、そのまま川へと流れていくのです。私たちは、ポリオによる麻痺の結果、足の不自由な少年に触れました。ルーシーと私は、ポリオがまだ存在する数少ない場所の一つであるインドの田舎にいました。ポリオは糞便から口移しで感染し、通常は汚れた水を通して感染します。そういえば、私の父もポリオでした。小学1年生のときにテネシー州に旅行したときに感染したのです。2カ月間入院し、帰りは軍のDC-3で運ばなければならなかった。父は「その後、学校に戻るまで1年以上寝たきりになってしまった」と書いている。これは、小学5年生のときの自伝からの引用です。父はずっと呼吸が苦しかったのですが、ポリオの合併症のせいで、あまりにも早く私たちの前から姿を消してしまったのです。ワクチンがあるにもかかわらず、ポリオがいまだに蔓延していることに、父はさぞかし憤慨したことでしょう。インドでは、汚染された側溝の中を歩いたために靴にポリオウイルスが付着し、それが病気を広めたのですから、父も同様に怒ったことでしょう。私たちは一歩一歩、あちこちで遊んでいる美しい子供たちの真下で、ウイルスをまき散らしていたのです。世界は、今年これまでに328人が感染したポリオを撲滅できるところまで来ている。早く終わらせましょう。もしかしたら、あなた方の誰かがそうしてくれるかもしれません。

My Dad was valedictorian of Flint Mandeville High School 1956 class of about 90 kids. I happened across his graduating speech recently, and it blew me away. 53 years ago at his graduation my Dad said: “…we are entering a changing world, one of automation and employment change where education is an economic necessity. We will have increased periods of time to do as we wish, as our work week and retirement age continue to decline. … We shall take part in, or witness, developments in science, medicine, and industry that we can not dream of today. … It is said that the future of any nation can be determined by the care and preparation given to its youth. If all the youths of America were as fortunate in securing an education as we have been, then the future of the United States would be even more bright than it is today.”
私の父は、1956年のフリント・マンデビル高校(約90人)の卒業生総代でした。最近、彼の卒業式のスピーチを偶然にも目にしたのですが、それには驚かされました。53年前の卒業式で、父はこう言いました。「私たちは、教育が経済的に必要な自動化と雇用の変化という、変化する世界に入りつつあります。週休二日制や定年退職の年齢が下がり続ける中、私たちは自分の好きなことをする時間を増やすことができるだろう。科学、医学、産業の発展も、今日では夢にも思わないようなものに参加したり、立ち会ったりすることになる。どの国の未来も、青少年への配慮と準備によって決定されると言われている。もしアメリカのすべての若者が、私たちと同じように幸運にも教育を受けることができたなら、アメリカの未来は今よりももっと明るくなるはずだ。”

If my Dad was alive today, the thing I think he would be most happy about is that Lucy and I have a baby in the hopper. I think he would have been annoyed that I hadn’t gotten my Ph.D. yet (thanks, Michigan!). Dad was so full of insights, of excitement about new things, that to this day, I often wonder what he would think about some new development. If he were here today – well, it would be one of the best days of his life. He’d be like a kid in a candy store. For a day, he’d be young again.
もし父が今生きていたら、一番喜ぶのはルーシーと私の間に赤ちゃんができたことだと思う。私がまだ博士号を取得していないことには、きっと腹を立てていたことでしょう(ミシガン州、ありがとう!)。父はとても洞察力に富み、新しいことに興奮する人でしたから、今でも、何か新しいことが起こったらどう思うだろうかとよく考えます。もし、今日、父がここにいたら……きっと人生で最高の日になっただろう。キャンディーショップにいる子供のようなものです。一日だけ、若返ったような気分だ。

Many of us are fortunate enough to be here with family. Some of us have dear friends and family to go home to. And who knows, perhaps some of you, like Lucy and I, are dreaming about future families of your own. Just like me, your families brought you here, and you brought them here. Please keep them close and remember: they are what really matters in life.
私たちの多くは、幸運にも家族と一緒にここにいる。また、大切な友人や家族がいる方もいらっしゃるでしょう。そして、もしかしたら、ルーシーや私のように、将来の自分の家族を夢見ている人もいるかもしれません。私のように、家族があなたをここに連れてきて、あなたが家族をここに連れてきたのです。どうか彼らを近くに置いて、覚えておいてください。

Thanks, Mom; Thanks, Lucy.
And thank you, all, very much.
ありがとう、お母さん、ありがとう、ルーシー。
そして、皆さん、本当にありがとうございました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする