英語スピーチ有名短い女性おすすめ全文動画

3:35秒。2016年9月20日の国連でのエマワトソンの全スピーチ

Emma Watson' full speech at UN on Sept 20,2016

Thank you all for being here for this important moment.
皆さん、この重要な瞬間にお集まりいただき、ありがとうございます。

These men from all over the world have decided to make gender equality a priority in their lives and in their universities. Thank you for making this commitment.

世界中から集まったこの男性たちは、自分たちの生活や大学において、男女平等を優先させることを決意しています。このようなコミットメントをしていただき、ありがとうございます。

I graduated from university four years ago. I had always dreamed of going and I know how fortunate I am to have had the opportunity to do so.

私は4年前に大学を卒業しました。私はずっと大学に行くことを夢見ていましたし、そうする機会を得たことがどれほど幸運だったかを知っています。

Brown [University] became my home, my community, and I took the ideas and the experiences I had there into all of my social interactions, into my workplace, into my politics, into all aspects of my life.

ブラウン大学は私の家、私のコミュニティとなり、そこで得たアイデアや経験を、社会生活、職場、政治、人生のあらゆる面に反映させました。

I know that my university experience shaped who I am, and of course, it does for many people.

もちろん、多くの人がそうであるように、大学での経験が私という人間を形成していることは分かっています。

But what if our experience at university shows us that women don’t belong in leadership? What if it shows us that, yes, women can study, but they shouldn’t lead a seminar?

しかし、もし大学での経験が、女性はリーダーシップにふさわしくないということを示しているとしたら、どうでしょう。女性は勉強はできても、ゼミのリーダーにはなれないとしたらどうでしょう。

What if, as still in many places around the world, it tells us that women don’t belong there at all?

世界中の多くの場所で今もそうであるように、女性がそこに属するべきでないと言われたらどうでしょう。

What if, as is the case in far too many universities, we are given the message that sexual violence isn’t actually a form of violence?

あまりにも多くの大学がそうであるように、性的暴力は実は暴力の一形態ではないというメッセージを与えられているとしたらどうでしょう。

But we know that if you change students’ experiences so they have different expectations of the world around them, expectations of equality, society will change.

しかし、私たちは、学生の経験を変え、彼らが周囲の世界に対して異なる期待、平等への期待を持つようにすれば、社会は変わるということを知っています。

As we leave home for the first time to study at the places that we have worked so hard to get, we must not see or experience double standards. We need to see equal respect, leadership, and pay.

私たちは、苦労して手に入れた場所で勉強するために初めて家を出ますが、ダブルスタンダードを見たり経験したりしてはいけません。平等な敬意、リーダーシップ、そして給与を目にする必要があります。

The university experience must tell women that their brain power is valued, and not just that, but that they belong among the leadership of the university itself.

大学では、女性の頭脳が評価されていること、そしてそれだけでなく、彼女たちが大学そのものの指導者に属していることを伝えなければなりません。

And so importantly, right now, the experience must make it clear that the safety of women, minorities, and anyone who may be vulnerable is a right and not a privilege.

そして、今、最も重要なことは、女性やマイノリティ、そして弱者となりうるすべての人々の安全が、特権ではなく、権利であることを明確にすることです。

A right that will be respected by a community that believes and supports survivors. And that recognizes that when one person’s safety is violated, everyone feels that their own safety is violated.

生存者を信じ、支援するコミュニティによって尊重される権利です。そして、ある人の安全が侵害されたとき、誰もが自分の安全が侵害されたと感じることを認識することです。

A university should be a place of refuge that takes action against all forms of violence.

大学は、あらゆる暴力に対して行動を起こす避難場所であるべきです。

That’s why we believe that students should leave university believing in, striving for, and expecting societies of true equality.

だからこそ私たちは、学生が真の平等な社会を信じ、努力し、期待して大学を卒業すべきであると考えます。

Societies of true equality in every sense, and that universities have the power to be a vital catalyst for that change.

あらゆる意味で真の平等な社会、そして大学はその変革のための重要な触媒となる力を持っているのです。

Our ten impact champions have made this commitment and with their work we know they will inspire students and other universities and schools across the world to do better.

私たちの10人のインパクト・チャンピオンはこのことを公約に掲げ、彼らの活動によって、学生や世界中の他の大学や学校がより良くなるよう刺激を受けると確信しています。

I’m delighted to introduce this report and our progress, and I’m eager to hear what’s next. Thank you so much.

この報告書と私たちの進捗状況を紹介できることを嬉しく思いますし、次に何が起こるのか、ぜひ聞きたいと思っています。本当にありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする