ボーダーラインsicario映画ネタバレ

sicario_movie-

ボーダーライン(原題sicario)って映画の感想をネタバレ全開で書きます。ネタバレをみたくない人はクリックしないでください。ボーダーラインを見たことを前提で書きますので、映画のあらすじは書きませんので、そのへんもご了承ください。

記事に、動画も埋め込んであるんですけど、これを見ると、ほぼ映画を見たのと同じになってしまうので、まだ映画をみていない人は、この記事の動画を見ないことを強くオススメします。

ボーダーライン全体の評価

Sicario見ました。映画自体の評価は90点で、かなりの高得点です。そしてベニチオ・デル・トロがかっこ良すぎる。いつでもベニチオ・デル・トロはかっこいい。そして、この映画でもそうです。全体として、すごく緊張感があって、満足できる作品です。

Steve Forsing役のJeffrey Donovanがかなり、いい演技をしていますよね。バーン・ノーティスではおしゃれな元スパイのヒーローでしたが、今作では、地味で目立たない、法執行機関のサラリーマンな感じが、めちゃめちゃリアルで雰囲気を盛り立てています。

jd

ベニチオ・デル・トロが、メキシコでprosecutor 検察官として、働いていた。カルタヘナから送られてきたという、アレハンドロのキャラクターのバックボーンを話すシーン。

このシーンでも、気になったのが、CIA、FBI、デルタフォースのジョイントミッションで、超法規的な特殊チームなら、帰りも、アメリカ→メキシコの同じ道、空いている道を通らせてもらったらいいじゃない。って思っちゃうんですよね。それくらいの融通は効かせてもらえるよね(笑)

ボーダーライン気になった点

ただ、唯一気になった点は、主役のケイト役がうっとしすぎるよね。いちいち正論を言うシーンで映画のスピード感が落ちるんだよねー。

「こんな捜査は違法だわ!」
「上司にうったえてやる!」

いやー。こんな子、クラスにはひとりいますよね。クラスの優等生、学級委員タイプの女子です。

もともと麻薬王を暗殺するというミッションを行っている特殊チームなんですけど、そんなアングラなミッションに、なぜ、こんな学級委員長タイプの子がスカウトされてるのか?映画の設定自体で不思議なんです。

そもそも、映画の序盤の方の謎なんですけど、FBIのスワットチームに、なんでこんなか弱い女子が入ってるの?

映画評論家ぽい意見を言っている人に、言わせると、エミリー・ブラントas ケイト は、ダークなミッションの深部へと、脚本がすすむにつれ、観客の困惑や恐怖、緊張感を、作中で代弁するための、キャラクターなんだそうです。

そりゃ、映画的には、対立するメインキャラクターを配置して緊張感を演出するために、必要な役なんだろうけど。

映画自体のスピード感がもっさりするのと、いちいちうぜーな。って、気分にさせられるのは、違うと思うんですよね。

sicarioボーダーラインの銀行のシーン

あと、マネーロンダリングしてる銀行で、ケイトが顔バレしちゃって、地元の警察官に命をねらわれるシークエンスとか、全く作品としても、必要ないですよね。

レジーが「気晴らしにバーでも行こうぜ!」

とか言った時点で、ねらわれる感マンマンだし、そのあたりからの、男と出会い~の。いい雰囲気になり~の。ベッドインしそうになり~の。命ねらわれ~の。デル・トロにたすけられ~の。のくだりまで、全部わかっちゃうじゃないですか?

そうすると、作品の緊張感が削がれるんですよ。

このシーンですよね

いままで頭ガチガチの優等生キャラだったのに、「え?いきなり行きずりの男と寝るの?」っていうキャラ設定にもブレが・・(笑)。

sicarioボーダーラインの麻薬王のシーン

あとは、後半で、デル・トロ一本になったパートからは、デル・トロ無双っぷりが、痛快でした。が、作品の前半は、めちゃめちゃリアル系な映画だったのに、後半は、痛快な映画になっちゃっていいの?という戸惑いも・・。

麻薬王の邸宅の警備、手薄すぎるでしょ?

デル・トロがひとりで、暗殺しに行くってのは、おもしろいと思うんですけど、ヘッドセットマイクでCIAとなにか通信しててGPSで、現在地も把握しているなら

ドローンとか衛星とかで、なにがしかの援護を受けて作戦をおこなった方が、よりリアルだし、作品全体をとおしての雰囲気にも一貫性が出るよね?

あれだけ一人で無敵すぎると、セガール作品のような気もしますが・・(笑)。ただ、デル・トロの演技がすばらしいので、見ているときは、それが全然気にならないのが不思議ですね。

エンディングシーンについて

で、エンディングシーンなんですけど、これも、デル・トロが、「君は自殺をすることになる」とか言って、バキューン!ってケイトの頭をふっ飛ばしてたら、かなり後味がわるい感じだけど・・。

正義とは??って、考えさせる。かなりインパクトのある映画になったと思うんですが、このベランダに出てきて、「撃てない」とかやってるシーンを見て、ヤレヤレって感じでした。

以上Sicario ボーダーラインの映画のネタバレ感想でした。さんざん書きましたが、かなり面白い作品でした。

まだ、見てない人は、U-nextで見られます。31日間無料トライアル期間に、申し込みすると、600円分のポイントがついてくるので、ボーダーラインは、540円のポイントで見られますので、実質無料で見られます。

とりあえず、くわしいことは、こちらの公式ページを見て、確認してください

ぼくも、u-next使ってますけど、ポイントを映画館の代金として使えたり、便利です。ぼくもそれで、無料でシンゴジラ見てきました。おすすめです。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ