海外ドラマ英語勉強法

TOEICリスニングが聞き取れない人のためのリスニング対策

英語をリスニングトレーニングするなら、参考書や教材会社がつくった、味気ないCDでは、絶対に脳の快感領域に入りません。

英単語がドンドン覚えられる方法

どんな人でも、英語は聞き取りできるようになります。私は帰国子女ではありませんし、高卒ですし大学はいってません。当然海外留学なんてしたことはありません。旅行で遊びに行く程度です。 なので、海外に行ったことある。ないとかも関係ありません。

英語できるできないと、学歴は関係ありません。アメリカ人は、5歳の子供でも英語がしゃべれるわけですからね。

勉強方法は、たとえば、自分がアメリカに、ついこのあいだ生まれた赤ちゃんだと仮定してみてください。

赤ちゃんは、文法書、参考書とにらめっこして英語を覚えませんよね。

まず何をしますか?「デヘデヘ」とわらいながら、両親の会話を盗み聞きしているのです。

これがリスニングのトレーニングです。まず、一番最初にリスニングです。これが最も重要です。

そして、「ママ~」。これがスピーキングです。そして、お母さんは、わが子を褒め称えますよね。 これが、赤ちゃんの脳への報奨性です。

赤ちゃんの脳は原始的なので100%のチカラで快感と快楽を感じ取れます。だから吸収が早いんですね。 赤ちゃんは「ダメだ、私のリスニング力。ママの話す単語が聞けてない・・・」なんて落ち込みませんよね?

これを、あなたにあてはめてください。 とにかく、リスニングです。

あなたは赤ちゃんになりきって快感と快楽だけを追求して聞きほうけてください。

たとえば、 hulu などのオンライン海外ドラマ配信サービスで、英語を聞く時間を多くとってください。

TOEICリスニング練習TOEICリスニング満点の練習方法

英語が勝手に脳に洪水のように流れ込むようになる秘訣は、

・わくわくすること
・ちょっとHなこと
・バカバカしくも楽しいこと

に結びつけてやると、簡単に楽に長続きします!

海外ドラマをたくさん見て、英語脳になって、脳がビンビンに快感を感じていれば、すぐにその日の分は取り返せます。

他にも、好きな俳優のインタビューを聞くのが一番のリスニング練習方法です。好きなアーティスト、俳優のインタビューを聞いて下さい。私はスカーレットヨハンソンさんや、ジェシカビールさんなどの俳優のインタビューを聞いて、リスニングトレーニングいたしました。パソコンの前で、YouTubeでポチっとなと押すだけで、インタビューがみれてしまいますからね~

耳が、いちばん重要な器官

耳は、動物の感覚器官の中で最も鋭い器官です。人間も同様です。

なぜなら、外的が近づいて来た時に、その足音に気づいて逃げられないと、食べられて死んでしまうからです。それだけ、耳は鋭敏に作られています。そして。繰り返し。繰り返し。インプットされる情報は、「生命の維持に、必要なのだな。」と脳は理解します。

『人間も動物』と考えた場合、この動物の脳のシステムを使った、もっとも理想的な勉強方法は『同じ情報を何度も何度も繰り返し、耳からインプットすること』です。

しかし、英語を覚えるためには、同じ音源素材を、何度も繰り返し読む必要はありません。それって、飽きますよね^^。

ご自身が一番気に海外ドラマのシリーズを、好きなだけ、好きなように見てください。英語って、いつもいつも使う構文は、それほど多くありません。

日常生活に必要な単語は3000語とか、言われますが。それはバリエーション豊かに”単語”を数えた場合です。日常英語の表現です。基本となる表現方法の構文は、3000通りも表現方法があるわけではないですよね。

英語字幕付きで30時間は字幕付きで見る必要があります。リスニング30時間は、達成できたら、次は、字幕なしで70時間フレンズを見てください。英語の音の、日本人が聞き取れないと言われる、音の周波数の壁が崩れて新しい世界が見えます。

英語字幕だと、内容が理解できません。字幕なしだと、全然理解できません。という人がいますが、おおむねだけわかれば、大丈夫です。

”恋人とのロマンスのシーン”なのか。”おっかないギャングに追いかけられてるシーン”なのか。”感動的な再会のシーン”なのか。

映像をともなったシーンで、リアリティを感じるイメージ化が右脳の作業なのです。

オンライン海外ドラマ配信サイトでは、huluが一番オススメです。
↓↓↓

ニューロンを刺激すると、習慣化して覚える

0012

快感と記憶の関係について 人は快感を感じたときに、脳に記憶されます。 一例として、知的好奇心を刺激されると気持ちいいですよね。

人が新しいことを知識として取り入れて「うわぁ~、そうなんだぁ」と感じる時の気持ちよさを感じると、その事が記憶されます。 人間の脳は、約140億個のニューロンからなるネットワークとしてなりたっています。

神経細胞とニューロンは同意語です。 ニューロンの方が今っぽくて、かっこいいですから、以下ニューロンと呼びます。 そして人の記憶は、ニューロン同士の結合の強さによって形作られています。

3win_synapse

ニューロン同士は電気パルスで、信号を出し合って交感しています。 他からつながっているニューロンから出された信号を受けとって、 その受けた電気パルスによってニューロンの電位が高くなったり低くなったりします。

その電位がある一定より高くなるとニューロンは発火します。 つまりニューロンが興奮状態になってバチバチ燃えるのです。 その間1ミリ秒間といわれています。ギャバンの変身シーンみたいです。かっこいいですねぇ~。 そのニューロンの発火が快感のもとだといわれています。

発火したニューロンは次々に電気パルスを発して、他のニューロンにも電気パルスの信号を送りまくります。

シナプスが爆発して、英語を覚えてしまう

Nerve cells firing, artwork

そうすることによって連鎖反応的に連続発火しだすと、シナプスの伝達効率が倍倍ゲーム的に増加します。

細胞間にニューロンの情報伝達物質が断続的に放出されつづけると、次第に脳は快感を感じ始めます。

なにか自分にとって楽しい事、気持ちいい事に集中しているときは、2時間でも、3時間でも、ずっと時間を忘れて没頭してしまいますよね。これが脳の快感状態です。そして、ニューロンの受容体同士が結合した興奮性シナプスとなって、かたく結びつくのです。

それが記憶と呼ばれる物になって、大脳辺縁系に焼きつき、自分の本能的なまでの物となって身に付くのです。あなたが日本語を話せている状態と同じです。

やっと、英語の話にもどりますが、この快感を感じている状態を持続すると、英単語は、楽らく覚えられます。

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ