4:マララさんノーベル平和賞授与式でのスピーチ英語全文日本語和訳付12月10日

以前のパートはこちらをクリック。3:マララさんノーベル平和賞授与式でのスピーチ英語全文日本語和訳付12月10日

Malala-Yousafzai1

Today, in half of the world, we see rapid progress, modernisation and development. However, there are countries where millions still suffer from the very old problems of hunger, poverty, injustice and conflicts.

今日、世界の半分では急速な進歩や発展がみられます。しかし、未だに何百万もの人々が戦争や、貧困、不正、という昔ながらの問題に依然として苦んでいる国もあります。

Indeed, we are reminded in 2014 that a century has passed since the beginning of the First World War, but we still have not learnt all of the lessons that arose from the loss of those millions of lives a hundred years ago.

管理人:私達は、2014年にいますが、100年前に何百万人も命が失われた、最初の世界大戦を経験しても、なお、全ての教訓を学べていないのです。

There are still conflicts in which hundreds of thousands of innocent people have lost their lives.

紛争も見られます。何千という無実の人々が命を奪われています。子供たちが孤児になっています。

Many families have become refugees in Syria, Gaza and Iraq. There are still girls who have no freedom to go to school in the north of Nigeria. In Pakistan and Afghanistan we see innocent people being killed in suicide attacks and bomb blasts.

ガザやシリア、イラクでは、多くの家族が難民となっています。ナイジェリア北部には、今も学校に行く自由がない女の子たちがいます。パキスタンやアフガニスタンでは、自爆テロや爆弾で、罪のない人々が殺されています。

Many children in Africa do not have access to school because of poverty.

アフリカの多くの子供たちは、貧しさのために学校に行くことができません。

Many children in India and Pakistan are deprived of their right to education because of social taboos, or they have been forced into child labour and girls into child marriages.

カイラシュ・サティヤルティさんが言われるように、インドやパキスタンなどの国の多くの子供たちが、社会的なタブーから教育の権利を奪われており、または、幼くして結婚させられたり、児童労働にかり出されたりしています。

One of my very good school friends, the same age as me, had always been a bold and confident girl and dreamed of becoming a doctor. But her dream remained a dream. At age of 12, she was forced to get married and then soon had a son at an age when she herself was a child – only 14. I know that my friend would have been a very good doctor.

私と同じ年で、とても仲がいい級友の一人は、いつも勇敢で自信に満ちた女の子で、医者になることを夢見ていました。しかし、夢は夢のままなのです。彼女は12歳で無理やり結婚させられ、息子を産みました。たった14歳のときです。彼女なら、とてもいいお医者さんになれたと思います。

But she couldn’t … because she was a girl.

ですが、なれませんでした。なぜなら、女の子だったからです。

Her story is why I dedicate the Nobel Prize money to the Malala Fund, to help give girls everywhere a quality education and call on leaders to help girls like me, Mezun and Amina. The first place this funding will go is where my heart is, to build schools in Pakistan-especially in my home of Swat and Shangla.

彼女の話こそ、私がノーベル賞の賞金をマララ基金に捧げる理由です。マララ基金は、女の子たちがどんな場所にいても質の高い教育を受けられられるようそして、声をあげるのを助けるものです。基金の最初の使い道は、私の心が残るパキスタンで、特に故郷のスワートとシャングラに、学校を建てるために使われます。

In my own village, there is still no secondary school for girls. I want to build one, so my friends can get an education-and the opportunity it brings to fulfil their dreams.

私の村には、今も女子のための中学校がありません。私の願いであり、義務であり、挑戦、それは、私の友達や姉妹たちが教育を受けることができ、そして夢を実現する機会を手に入れることができるようにすることなのです。

That is where I will begin, but it is not where I will stop. I will continue this fight until I see every child in school.

これは私にとっては出発点であり、立ち止まる場所ではありません。全ての子供たちが学校にいるのを見届けるまで、私は闘い続けます。

続きはこちらをクリック。5:マララさん12月10日ノーベル平和賞授与式のスピーチ英語全文日本語和訳付

2 件のコメント