カイラシュ・サティヤルティ氏ノーベル平和賞スピーチ[3/5]

カイラシュ・サティヤルティ氏ノーベル平和賞スピーチ[2/5]

Satyarthi2_2

We have utterly failed in imparting an education to our children. An education that gives the meaning and objective of life and a secure future. An education that builds a sense of global citizenship among the young people. I am afraid that the day is not far when the cumulative result of this failure will culminate in unprecedented violence that will be suicidal for humankind.

私達は、子供を教育することに失敗しつづけてきました。教育は、人生の意味と目標を与えること、そして未来を守ることです。教育は、若い人たちに、世界的な市民感覚をやしなってもらうことができます。

こんにち、世界にあふれている暴力は、教育をあたえることが出来なかったことの結果であり、これが、人類の自殺行為となることを恐れています。

Yet, young people like Malala, are rising up everywhere and choosing peace over violence, tolerance over extremism, and courage over fear.

しかし、マララのような若い人が世界中で立ち上がり、暴力のかわりに平和を、過激主義のかわりに寛容を、恐怖のかわりに勇気を選び始めています。

Solutions are not found only in the deliberations in conferences and prescriptions from a distance. They lie in small groups and local organisations and individuals, who confront the problem every day, even if they remain unrecognised and unknown to the world

これらの解決策は、会議での審議や、遠いところから与えられる処方箋などにはみつけられないのです。今は世界の誰にも知られていない、毎日、それらの問題に直面して、働いている小さなグループや団体の活動にあります。

Eighteen years ago, millions of my brothers and sisters in 103 countries marched across 80,000 kilometres. And, a new international law against child labour was born. We have done this.

18年前、103カ国にまたがる、何百万人もの兄弟姉妹が8万キロを行進して、子供の労働を取り締まる、国際的な法律を作らせました。私達はできたのです。

You may ask: what can one person do? Let me tell you a story I remember from my childhood: A terrible fire had broken out in the forest. All the animals were running away, including the lion, king of the forest. Suddenly, the lion saw a tiny bird rushing towards the fire. He asked the bird, “what are you doing?” To the lion’s surprise, the bird replied “I am on my way to extinguish the fire.” He laughed and said, “how can you kill the fire with just one drop of water, in your beak?” The bird was adamant, and said, “But I am doing my bit.”

あなたは、「ひとりの人が何をできるの?」と聞くかもしれません。私が子供の頃に聞いた話をさせてください。

”ひどい山火事が起きて、森の王様のライオンを含めて、動物たちはすべて逃げてしまいました。小さな小鳥が火に向かって飛んで行くのを見ました。ライオンは小鳥に聞きました「なにをしてるんだい?」。小鳥は答えました「火を消しにいくところよ」。ライオンは笑いました「そんなちょっとのくちばしの水で消せっこないよ」。しかし、小鳥はがんとして聞かず言いました「それでもやるのよ」”

You and I live in the age of rapid globalisation. We are connected through high-speed Internet. We exchange goods and services in a single global market. Each day, thousands of flights connect us to every corner of the globe.

私達は、早いグローバリゼーションの中にいます。お互いが、高速のインターネット回線でつながっています。毎日、世界の市場で物がやりとりされています。何千もの飛行機が世界の隅から隅まで飛び回っています。

But there is one serious disconnect. It is the lack of compassion. Let us inculcate and transform the individuals’ compassion into a global movement. Let us globalise compassion. Not passive compassion, but transformative compassion that leads to justice, equality, and freedom.

しかし、深刻に孤立しているところがあります。共感の気持ちが欠けているのです。一人ひとりの思いやりの気持ちを、世界的なつながりにしましょう。共感と思いやりをグローバライズして、世界の平等と自由、正義につなげましょう

カイラシュ・サティヤルティ氏ノーベル平和賞スピーチ[4/5]