マララさん2014年ノーベル平和賞スピーチ英語全文|日本語訳付【6】

16n-1

以前のパート【5】を見る場合はこちらをクリック。マララさん2014年ノーベル平和賞スピーチ英語全文|日本語訳付【5】

At the end, I would like to share with you that I had a phone call with honorable Kailash. I cannot pronounce his surname accurately. So I ask for forgiveness for that. I’ll just call him Kailash if he wouldn’t mind.

 最後に、私が尊敬するカイラシュさんと電話で話したことについてお伝えします。名字を正しく発音できず、すみません。失礼ですが(名前の)カイラシュさんと呼ばせていただきます。

So I had a phone call with him right now, and we both talked about how important it is that every child goes to school and every child gets quality education. And how many issues there are that the children are suffering but not yet highlighted. So we both decided that we will work together for this cause that every child gets quality education and doesn’t suffer from these issues.

 彼とちょうど電話をしたばかりで、全ての子供が学校へ行き、良い教育を受けることの大切さについて話しました。苦しみながらもいまだ知られていない子供たちがいるという問題が、どれほどあるかについてもです。私たちは、全ての子供が良い教育を受け、悩むことのないよう協力して活動することを決めました。

Other than that, we also decided, as he’s from India and I’m from Pakistan, we will try to build strong relationships between India and Pakistan. And nowadays, there is tension on the border, and the situation is getting … it is not like as we are expecting. We want Pakistan and India to have good relationships. The tension that is going on is really disappointing. And I am really sad

 また、彼がインド出身で、私がパキスタン出身ということもあり、私たちが両国の強い関係を築こうと決めました。最近、国境が緊張し、状況は望ましいものではなくなりつつあります。私たちはパキスタンとインドが良い関係であることを望みます。緊張状態にあることはとても残念で、私は本当に悲しいです。

because I want both the countries to have dialogue, to have talks about peace and to think about progress, to think about development rather than fighting with each other. It’s important that both the countries focus more on education, focus more on development and progress, which is good for both of them.

なぜなら、両国が対話し、平和について語り合い、前へ進むことや開発について考えることを望んでいるからです。戦いよりも教育や開発、前進について注目することが重要です。それが、両国にとって良いことなのです。

So we both decided, I requested him that would it be possible that he request his honorable Prime Minister Narendra Modi to join us when we receive the Nobel Peace Prize in December,

 だから私たちは2人で決めました。カイラシュさんには、尊敬するインドのモディ首相に12月のノーベル平和賞授賞式への参加をお願いしていただくよう頼みました。

and I promised him that I would also requested the honorable Prime Minister of Pakistan, Nawaz Sharif, to join us when I get, and he gets the Nobel Peace Prize.

And I myself request the honorable Prime Minister Narendra Modi and honorable Prime Minister Nawaz Sharif that they both join us when we receive the Nobel Peace Prize.

私も尊敬するパキスタンのシャリフ首相に出席をお願いすると約束しました。私からも、両首相に出席をお願いします。

I really believe in peace, I really believe in tolerance and patience. And it is very important for the progress of both the countries that they have peace, and that they have good relationships. This is how they are going to achieve success, and this is how they are going to progress. So it is my humble request, and I hope it will be heard, it will be listened to.

私は心から平和、寛容、忍耐の正しさを信じています。両国の発展には、平和で、良好な関係がとても重要なのです。それを成功させ、前進させていくことが重要なのです。耳を傾けていただけますよう、謹んでお願い申し上げます。

At the end, I want to say I am really happy for your support. I used to say that I think I do not deserve the Nobel Peace Prize. I still believe that.But I believe that it is not only an award for what I’ve done. It is also an encouragement for giving me hope, for giving me the courage to go and continue this campaign,

 最後に、皆様からの支援をいただき、心から幸せと申し上げたいです。私はかつて、ノーベル平和賞には値しないと言ってきました。今もそう考えています。しかし、これは私がこれまでしてきたことに対する賞というだけでなく、活動を進め、継続する勇気と希望を与えてくれるための激励なのだと考えています。

to believe in myself and to know that I am not alone. There are hundreds and thousands and millions who are supporting me.

自分自身を信じるため、そして、私は1人ではなく、何百人、何千人、何百万人の人たちに支えられているのだと知るためのものなのです。

So once again, thank you so much to all of you. Thank you.

改めて、みなさんに感謝いたします。

オリジナル引用元

オリジナルは、昔、読売新聞のWEBサイトに掲載されていたものですが、しかし、現在は、ページが削除されているため、掲載されていません。この英語スピーチ全文載せてくれたことに感謝して、

ぜひ、普段のニュースは、読売新聞のサイトでチェックしてくださいね。

僕も、読売新聞を購読しています。

あわせて、こちらのスピーチもチェックしてください

マララさんの世界に影響を与えた、有名なスピーチも、あわせて、確認してください。

2013年のマララユスフザイさんの有名な国連演説のスピーチ”one pen one book can chanege the world”を、英語の全文と日本語対訳つき

昨日12月10日に行われたマララさんノーベル平和賞授与式でのスピーチを英語全文日本語和訳付でまとめました。”戦車を作るのは簡単なのに、学校を作るのはなぜむずかしいのか?”

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ