カイラシュ・サティヤルティ氏ノーベル平和賞スピーチ[2/5]

カイラシュ・サティヤルティ氏ノーベル平和賞スピーチKailash Satyarthi Nobel Lecture[1/5]

kailash-satyarthi1

I have looked into their frightened and exhausted eyes. And I have heard their urgent questions:

私は彼らの怯えて、疲れきった目を見、彼らから、息せき切った問いかけをうけてきました。

Twenty years ago, in the foothills of the Himalayas, I met a small, skinny boy. He asked me: “Is the world so poor that it cannot give me a toy and a book, instead of forcing me to take a tool or gun?”

20年前、ヒマラヤのフットヒルズで、やせた男の子に出会いました。彼は私に問いかけました。「世界は、僕におもちゃと本をくれるかわりに、なぜ、僕に銃を取らせるの?なぜ、世界はまずしいの?」

I met with a Sudanese child-soldier who was kidnapped by an extremist militia. As his first training, he was forced to kill his friends and family. He asked me: “What is my fault?”

またスーダンで、過激派の傭兵に誘拐されて少年兵になった男の子に出会いました。彼の最初の兵士としてのトレーニングは、彼の家族と友達を殺すことでした。彼は私に問いかけました。「僕のなにがわるかったの?」

Twelve years ago, a child-mother from the streets of Colombia – trafficked, raped, enslaved – asked me this: “I have never had a dream. Can my child have one?”

12年前、コロンビアの幼くして母になった少女は、人身売買され、レイプされ、強制労働についていました。彼女は私問いかけました。「私は夢をもったことがありません。私の子供は持てますか?」

There is no greater violence than to deny the dreams of our children.

子供の夢を奪う事以上の暴力はありません。

The single aim of my life is that every child is:

私の人生のたったひとつの目的は

free to be a child,

子供が自由になること

free to grow and develop,

成長して、発達する自由をえること

free to eat, sleep, see daylight,

日の光をあび、食べて、寝る自由を得ること

free to laugh and cry,

笑って泣く自由を得ること

free to play,

遊ぶ自由を得ること

free to learn, free to go to school, and above all,

勉強する自由。学校に行ける自由。もっとそれ以上

free to dream.

夢を見る自由

All the great religions tell us to care for children. Jesus said: “Let the children come to me; do not hinder them, for the kingdom of God belongs to them.” The Holy Quran says: “Kill not your children because of poverty.”

偉大な宗教は、すべて、”子供を大事にするように”と私達に教えています。

イエスキリストは言いました。”子供を私のところにこさせなさい、邪魔してはいけません。神の国は、彼ら(子供たち)の物だからです”

コーランにはこう書いてあります。”子供を貧しさのために殺していけません”

I refuse to accept that all the temples and mosques and churches and prayer houses have no place for the dreams of our children.

しかし、全ての寺院、モスク、祈りの家、には、私たちの子供の夢のための場所はありません。このことは、受け入れがたいことです。

I refuse to accept that the world is so poor, when just one week of global spending on armies is enough to bring all of our children into classrooms.

世界中の子供が学校に、行けるようにするための費用は、世界がたった1周間で、軍隊についやす費用と同じです。私には、このことは、受け入れがたいことです。

I refuse to accept that all the laws and constitutions, and the judges and the police are not able to protect our children.

どんな法や憲法、そして裁判所や警察も、子供を守ることができません。私には、このことは、受け入れがたいことです。

I refuse to accept that the shackles of slavery can ever be stronger than the quest for freedom.

自由へ渇望よりも、強制労働についている子どもをとじこめておく小屋の方が頑丈なのです。私には、このことは、受け入れがたいことです。

I REFUSE TO ACCEPT.

どうしても受け入れられません。

I am privileged to work with many courageous souls who also refuse to accept. We have never given up against any threat and attack, and we will never. Undoubtedly, progress has been made in the last couple of decades. The number of out of school children has been halved. Child mortality and malnutrition has been reduced, and millions of child deaths have been prevented. The number of child labourers in the world has been reduced by a third. Make no mistake, great challenges still remain.

私には、同じように、これらのことを受け入れられない、勇敢な同労者と働く特権があたえられました。どんな脅迫や攻撃にもまけられません。 この20年で少し進歩が見られました。学校に行けない子供の数は半分に減り、子供の死亡率や、栄養失調は減りました。何百万人もの子供の死を防ぐことができました。子供の労働者の数は3分の1にへっています。しかし、これからもこの問題に挑み続けなくてはいけないことは、間違いありません。

Friends, the biggest crisis knocking on the doors of humanity today is intolerance.

友よ、今、この問題が面している最大の危機は、非寛容なのです。

カイラシュ・サティヤルティ氏ノーベル平和賞スピーチ[3/5]

Similar Posts:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ