スティーブジョブズのスピーチ[8]全文英語&日本語和訳付

スティーブジョブズのスピーチ[7]

When I was young, there was an amazing publication called “The Whole Earth Catalog”, which was one of the bibles of my generation.

私が若いころ、「全地球カタログ」というすばらしい本に巡り合いました。私の世代の聖書のような本でした。

It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch.

スチュワート・ブランドというメンロパークに住む男性の作品で、詩的なタッチで躍動感がありました。

This was in the late 1960’s, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors, and polaroid cameras.

パソコンやデスクトップ出版が普及する前の1960年代の作品で、すべてタイプライターとハサミ、ポラロイドカメラで作られていた。

It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along: it was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions.

言ってみれば、グーグルのペーパーバック版です。グーグルの登場より35年も前に書かれたのです。理想主義的で、すばらしい考えで満ちあふれていました。

Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue. It was the mid-1970s, and I was your age.

スチュワートと彼の仲間は全地球カタログを何度か発行し、一通りやり尽くしたあとに最終版を出しました。70年代半ばで、私はちょうどあなた方と同じ年頃でした。

On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous.

最終版の背表紙は早朝の田舎道の写真でした。あなたが冒険好きでヒッチハイクをしていたら目にするような光景です。

Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish.”

その写真の下には「ハングリーなままであれ。愚かなままであれ」と書いてありました。

It was their farewell message as they signed off.

筆者の別れの挨拶でした。

Stay Hungry. Stay Foolish.

ハングリーであれ。愚か者であれ。

And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you.

私自身、いつもそうありたいと思っています。そして今、卒業して新たな人生を踏み出すあなた方にもそうあってほしいと思います。

Stay Hungry. Stay Foolish.
ハングリーであれ。愚か者であれ。

Thank you all very much.
ありがとうございました。

This is a prepared text of the Commencement address delivered by Steve Jobs, CEO of Apple Computer and of Pixar Animation Studios, on June 12, 2005.

エマ・ワトソンの短いスピーチ

スティーブ・ジョブスの死に際の最後の言葉

次の記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする